フォト
flash boreal kiss
ブログパーツ
dekiru足あと

にほんブログ村

  • にほんプログ村

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

スカイツリー438m

押上の星、スカイツリーがまた10m高くなりました。

Dsc04917

左にうっすら見えるのは、月です。

Dsc04915

逆さスカイツリーで有名な十間橋前の交差点からの写真です。肝心の逆さツリーは、風が強くて小波がたち、あまりいい「逆さツリー」具合ではありませんでした。

Dsc04916

押上の交差点からは「438m」の看板が見えます。

Dsc04925

それにしても、大きく育ちました。

Dsc04926

平日なのに朝からカメラを掲げた人を数多く見かけました。格好の被写体であることはまちがいありません。押上住民としては、今から、完成が楽しみです。

プロのカメラマンによると、ここからスカイツリーを見る人は、タワーの先端を見上げながら、「幸せそうないい顔」をするそうです。

2010年8月30日 (月)

GOPAN

今年、話題になりそうな新製品があります。三洋電機の「GOPAN(ゴパン)」です。家庭にある米からパンができるというライスブレッドクッカーです。当初、10月上旬の発売でしたが、予約殺到で11月11日に延期しました。そのGOPANで作ったパンが試食できるカフェが原宿にあります。

Dsc04910

試食できるのは一日160食限定です。米由来のパンと相性のいいトッピングを探るため、二週間ごとにメニューを変えています。

  7/21~8/3 肉じゃがゴパン & 青さのりゴパン
  8/4~8/17 きんぴらゴパン & 櫻じゃこゴパン
  8/18~9/7 ひじきゴパン & なめ茸ゴパン

といった具合です。

Dsc04911

 アイスカプチーノ(600円)をオーダーして、出てきたのがこの試食品です。爪楊枝が刺さっているのが新潟県魚沼産こしひかりを使ってGOPANで作ったパン、もうひとつは山形県産はえぬきで作ったパンです。食べてみると、もちもちして、うまいのです。ひじきとナメタケをのせてたべましたが、「別にフツーにバターで食べてもおいしいのに」と思いました。

Dsc04913

店内には11月発売予定のGOPANが展示されていました。この店は9月30日までの期間限定のショップです。

場所    渋谷区神宮前6-9-11 堺ビルディング1F
開催期間 2010年7月21日~9月30日まで
営業時間 11:30-23:00

店舗プロフィールはこのとおり。

Dsc04914

これが、そのGOPAN本体です。家の米に加え、砂糖、塩、ショートニング、グルテン、ドライイーストが必要で、グルテンがすぐに手に入れることができるかどうかが、普及のカギになりそうです。要するに、これらがセットでスーパーで簡単に手に入るかどうかがポイントになりそう。ちなみに本体価格は5万円前後の見込みとか。パナソニックの完全子会社となる三洋電機ですが、7年かけてこの製品を開発したそうです。がんばれ、三洋電機魂。

2010年8月29日 (日)

アイスクリームのようなヨーグルト

押上から「アリオ北砂」まで歩きました。片道3.3キロほどです。

Dsc04852

ショッピングセンター内をぶらぶら歩いていて、嫁の足が止まったのがここです。

Dsc04858

「脂肪分ゼロ」と大書きされたポスターに、おいしそうなソフトクリームの写真……。ついつい入ってしまいました。

Dsc04855

右はオールドファッションバニラ、左はストロベリーで、いずれもスモールサイズで各350円。食べてみると、アイスクリームです。でも、この店は実はフローズンヨーグルトの店なのです。

米国・南カルフォルニア生まれで、アイスクリーム好きが好んで食べるようなフローズンヨーグルトを作っているそうです。日本進出は2008年、一号店は六本木でした。

http://www.goldenspoon.jp/index.html

こちらが公式ホームページです。

Dsc04865

こうした「アリオ」のようなショッピングセンターはやはり、昔の百貨店の役割を果たしていますね。子連れ客が多く、ここに来ることが、週末のレジャーになっているのです。

Dsc04861

桃屋提供のドラゴンボール写真撮影会も開かれていました。なぜ、桃屋がドラゴンボールなのかはよく知りません。

そういえば、以前、このブログで紹介した「ハイボールテイスト」がここのイトーヨーカ堂で売っていました。アルコールゼロのウイスキーのハイボールです。一本188円でした。

量販店で売ってほしいと以前書きましたが、もう実現しているとは。恐るべし、イトーヨーカ堂。

2010年8月28日 (土)

ミスド大復刻祭

26~29日、有楽町の東京国際フォーラムで「ミスタードーナッツ大復刻祭」が開かれています。

Dsc04815

たまたま、前を通りかかったので、ちょっと覗いてみました。

Dsc04819

40周年記念行事のイベントです。全国の1300店の写真が飾られています。

Dsc04820

歴代のユニフォームも飾られていましたが、あまりミスドを利用したことがなくて、もうひとつピンときませんでした。

Dsc04827

ポン・デ・ライオンとの記念撮影会のひとコマです。

Dsc04823

もちろん、肝心のドーナツもあります。入場料無料で、先着4000人に「復刻ドーナツ」がもらえるのです。

Dsc04825

私もゲットしましたが、ちょっと甘かった。トホホ。

それでもこのイベント。「こんどまた、ミスドにでも行ってみようか」と思わせるのが狙いでしょう。

 ポン・デ・ライオンはうまいよなー。なんてふと、頭をよぎりました。ミスドの「罠」にはまってしまうかもしれません。

2010年8月26日 (木)

二つでひとつ

地下鉄日比谷線の神谷町駅近くで面白い店を見つけました。

Dsc04797

今月2日にオープンした「ナチュラルローソン城山トラストタワー店」(東京都港区)です。普通のコンビ二ではありません。調剤薬局を併設したコンビ二です。

 昨年六月の改正薬事法施行で、薬剤師がいなくても「登録販売者」という新たな資格を得れば、副作用の強くない一般医薬品を売れるようになりました。しかし、副作用の強い薬や病院が出した処方箋に基づく薬は販売できません。この店は薬剤師を置くことで、すべての薬販売に対応した店です。

47310778_org

店内には医薬品を集めたコーナーがありました。「第一種医薬品」と呼ばれる薬剤師扱いの薬がほしい時に、薬剤師が不在の場合は、テレビ電話で相談できるのです。もちろん、店内には薬剤師常駐のコーナーもあり、病院の処方箋をもとに調剤もします。

Dsc04798

ドア越しに見えるのが、調剤薬局コーナーです。二つの業態の店が一つになった新タイプの店です。アメリカのドラッグストアとは異なる、日本風ドラッグストアの原型になりそうです。

さて、今日も暑い一日でした。

Dsc04801

この写真を見てください。二つの影がありますが、いずれも私の影です。ひとつは太陽、もうひとつはガラス張りのビルの反射です。ここまでくっきり見える「ダブル影」は珍しいでしょう。こちらも「二つでひとつ」なのですが、暑さは二倍に感じました。やれやれ。

2010年8月25日 (水)

APadで遊んでいます

本来は散歩のブログなのですが、昨日の続き。「APad」で遊んでいます。画面の表面がうねっており、パコパコする「隙だらけの端末」ですが、だんだん操る方法がわかってきました。

Dsc04784

これがホーム画面です。お気に入りのソフトやブックマークを、デスクトップに当たる「表紙」に自在に置くことができます。私のITリテラシーはまったく高くありません。素人から見たAPadの楽しみ方を記します。

Dsc04785

はじめの写真の右端に見えるタブをタッチすると、右から左へ新たな画面が出できて、アプリケーションの一覧が見えます。私は秋葉原の「あきばおー」で買いましたが、結構はじめからアプリが入っていました。

Dsc04786

これはアンドロイドマーケットからダウンロードして使っているソフトです。今日の産経新聞が全面、読むことができます。もちろん、文字の拡大やスクロールは指でできます。

Dsc04795

これは背面の写真です。iRobotのロゴはシールです。さすが中国製。

Dsc04796

左から電源、ヘッドフォンジャック、ミニUSBスロット、ON/OFFスイッチ、ミニUSBスロット、マイクロSD差込口です。右端の手前はバックボタンで、その隣がメニューボタンです。ただし、付属のコードを使ってパソコンにつなげても、うんともすんともいいません。基本はスタンドアロンで使えます。

Dsc04793

これは、ダウンロードした青空文庫のビューアーです。右の□ボタンはIPODTOUCHなどと同様の機能があります。電源を切る場合は長押しします。

保証書がなくても、取り扱い説明書がなくても、ネット上にはこのモデルの使い方や、ファームウエアのアップデート方法、日本語入力のソフトの入れ方など、懇切丁寧に記してあります。

 私は日本語入力だけ対応しました。あとは私のスキルではついていけそうにないので、このまま使うつもりです。それでも、遊べます。無線LANの接続は早いし、バッテリーもまあまあ持ちます。iPadより小さく、軽いのが何よりいい。

 はじめは本当に動くのか心配でした。今では楽しい「おもちゃ」を買ったと思っています。

2010年8月24日 (火)

APadを買いました

秋葉原を歩いていて、かねて気になっていた「おもちゃ」を買いました。

Dsc04776

アップルの有名な「iPad」ではありません。中国製の「APad」です。正式名称は「Moonse E7001 iRobot」です。

Dsc04767

裏側はアルミ素材でiPadそっくり。それでもAPadの価格は本家の四分の一程度の1万7000円です。

Dsc04773_2

上にのっているのは愛用しているipod touchです。実はこのAPadは本家の二分の一の重さで、片手でも使いやすいのです。スマートフォンとよばれる携帯電話に使われている「アンドロイド」OSを搭載しており、自分の好きなソフトをダウンロードして利用できます。

ただし、いいことばかりではありません。保証書はなく、画面もペコペコ しています。タッチパネルで操作できるのですが、ipod touchより感度は悪いです。まあ、おもちゃと割り切れば、「あり」かなと。愛好家がじわりと広がっている理由もわかります。何か、かわいいのです。

2010年8月23日 (月)

スカイツリー428m

東京スカイツリーが21日に428mに達しました。

Dsc04746

第一展望台から上の構造物がずいぶん長くなりました。

Dsc04691

隅田川の蔵前橋からもはっきり見えます。

Dsc04683

隅田川沿いにはカラフルな橋が多く、吾妻橋から離れた地点でも、良い撮影ポイントになります。それにしても、天気のいい日はシャッターを押さずにいられません。今日も「逆さスカイツリー」で有名な十間橋には朝から、カメラを構える人がいました。

2010年8月22日 (日)

すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル

21、22日の2日間、JR錦糸町駅近辺で、すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバルが開かれました。

Dsc04739

錦糸公園のメインステージには多くの人が詰め掛けていました。

Dsc04736

あれっ。手書きの横断幕ですね。

Dsc04740

実は、このイベントはボランティアによる「手作り音楽イベント」です。街の活性化につなげようという試みなのです。今年はその第一回です。イベント当日までボランティアを集めていました。

http://sumida-jazz.jp/index.html

イベントの詳細は上記の公式ホームページに譲るとして、このイベントの先輩格に当たるのが、「高槻ジャズストリート」です。大阪府高槻市でゴールデンウイークの2日間開かれる日本最大の手作り音楽イベントです。1999年にスタートしました。

すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバルも日野皓正が出演するにもかかわらず、無料。高槻の精神を受け継いでいます。

周囲には、焼きそばやビール販売のテントもあり、結構盛り上がっていました。夏の新たな風物詩になりそうです。 

2010年8月21日 (土)

なぜか逆さま看板(名護風看板part2)

192

沖縄県の名護市にある喫茶店の看板です。なぜ「ノンノン」が逆さまなのか。「飲飲」の逆だから、「食食」。思いっきり食べてくれという意味でしょうか。

ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

押上→新宿12㌔の散歩

おいしいかき氷が食べたくて、12㌔歩きました。

Dsc04701_2

隅田川を歩いて神田→北の丸公園→一番町→四谷→新宿御苑と歩きました。目指すは

Dsc04722

新宿伊勢丹の近くにある「追分だんご本舗」の本店です。

新宿サーチというホームページによると、

契約農家から直送された米を朝一番に挽き、保存料を一切使わない昔ながらの製法なので、鮮度が命。毎日その日売る分だけを作り、一本ずつ個別包装にするのが特徴、とか。

暑い中、歩き通しました。さっそく、かき氷を頼みます。

Dsc04716

嫁が頼んだ「氷いちご」です。本物のイチゴを使ったシロップです。

Dsc04718

私が頼んだ「氷宇治」です。本物の高級宇治茶を使っています。

Dsc04719

何がおいしいって、粉雪のような氷と、味のあるシロップが絶妙なハーモニーを奏でているのです。

Dsc04720

シロップも底にたっぷり。最後まで堪能できます。

Dsc04721

「クリームいちご」「クリーム宇治金時」「氷あんず」「氷あずき」などメニューも多彩です。ちなみに嫁と私の食べたシンプルな氷はいずれも980円。クリーム宇治金時は1250円です。

Dsc04725_2

 決して安くはありませんが、この店頭に飾ってあるようなきれいな氷をかいて、こだわりのシロップをかけているからでしょう。それでも確かに高い。でも、うまい。12㌔歩いた「自分へのご褒美」ではなく、この味を目指して歩いてきました。昨年夏にいろいろなところで、氷を食べましたが、ここほどうまい氷は記憶にありません。

 この日も午後五時半に店に着きましたが、飲食ゾーンはいっぱいで並びました。「氷あんず」が人気でした。この氷は九月上旬までやっているそうです。大福とみたらしをおみやげに買い、四谷まで歩いてJRで錦糸町へ。再び、訪れたい。行くなら、氷のある夏です。

2010年8月20日 (金)

浅草は靴が安い

東京散歩で欠かせないスニーカー。最近、お気に入りのスニーカーはこれ。ブリジストンの010WSです。

Dsc04666

歩きやすく、撥水加工で散歩にはぴったりです。ネット通販で見つけた時は送料込み4000円ほどでした。履いていて気持ちがいいので、再びネットで探したところ、送料無料で3150円の店を見つけ、2足目を買いました。こういう安いスニーカーは追加生産しないので、見つけた時に買っておかないと、後から買おうとすると、ない場合が多いのです。

先日、近所の浅草に行った時のこと。有名な靴の安売り店に行きました。

Dsc04595

「靴のマルゼン」という店です。嫁がお気に入りのサンダルを買ったついでに、店員に聞きました。「この人が履いているスニーカーありますか」。すると、「ありますよ」との返事。

http://www.kutsu-maruzen.com/sneaker.html

このとおり、スニーカー紹介ページの先頭にある「一押し商品」でした。価格は2990円。ネットで最安値商品を買ったつもりが、この店はそれより安かったのです。浅草はもともと靴屋の多い地域ですが、本当に安い。恐るべし、「靴のマルゼン」です。

2010年8月19日 (木)

土佐は勢いがあるぜよ

銀座を歩いていたら、こんな店を見つけました。

Dsc04663

21日に開業する高知県アンテナショップ「まるごと高知」です。この日はマスコミ向け内覧会が開かれていました。地下一階から地上二階の三層で、地下一階は工芸品、一階は食品などを販売し、二階は土佐料理などを出す外食店です。銀座・有楽町には都道府県のアンテナショップがたくさんあります。驚いたのはこの店の立地です。この右隣には

Dsc04660

沖縄のアンテナ店「わしたショップ」があります。この店は自治体のアンテナ店でもっとも売り上げが多い店としても有名です。龍馬人気に加えて、沖縄人気にもあやかろうというのでしようか。土佐は勢いがあるぜよ。

2010年8月17日 (火)

ハイボールよ、お前もか

ある展示会で、面白い飲料を見つけました。

Dsc04658

 ハイボールのアルコールゼロ飲料「ハイボールテイスト」です。恐る恐る飲んでみると、しっかりとウイスキーの味があり、結構、おいしく飲めました。アルコールゼロ飲料がついにハイボールにも広がったのです。

 製造元は広島県にある宝積飲料株式会社。7月5日から全国発売したそうです。ハイボール風炭酸飲料という位置づけで、カロリーオフの9kcal。330mlいりで税込み189円と、やや高めです。それにしても、量販店で早く売ってほしいと思うほど、美味でした。ちなみに、私はこの会社の回し者ではありませんよ。念のため。

2010年8月16日 (月)

テレビ風自販機

「次世代自販機」と銘打った機械が8月10日、JR品川駅の中央改札近くにお目見えしました。

Dsc04618

街頭テレビではありませんよ。

Dsc04621

画面に飲料がずらりと表示されました。おさいふケータイでも、電子マネーの「スイカ」「パスモ」でも、現金でも購入できます。

Dsc04619

この角度で見ると、平面なのがよくわかるかと思います。私もさっそくおさいふケータイで紅茶を購入してみました。すると、「680円」というEdy残高が画面に大きく表示され、ちょっと焦りました。おいおい、こんなに大きく表示して恥ずかしいではないか。大の大人が680円なんて……。考えすぎでしょうか。実はこの周りには、この自販機の写真を撮ろうという人が結構群がっていたのです。

Dsc04620

「寄ってく?」なんて語りかけます。画面が目で取り出し口が口のつもりなのでしょう。

 設置したJR東日本ウォータービジネスによると、「自販機上部のセンサで顧客属性(年代・性別)を判定し、属性ごとにお勧め商品を表示する」とのこと。大型のタッチパネルを備え、商品以外の広告なども表示できるといった点が「次世代」なのだとか。

 んー。私向けの商品が画面に並べられていたのかどうかは、よく分かりませんでした。それにしても、高そうな自販機。果たして元は取れるのでしょうか。疑問です。

2010年8月15日 (日)

久々に浅草

自宅から約2㌔西に浅草・雷門があります。地下鉄にして2駅。以前は浅草駅からひとつ東の本所吾妻橋に住んでおり、結構、浅草には足を運んでました。今日は久しぶりに浅草に散歩に行きました。

Dsc04567

赤色の吾妻橋からは東京スカイツリーが見えます。右手に見えるのはアサヒビール本社、左手には墨田区役所があります。ちなみにこの川岸に勝海舟の銅像があります。

Dsc04564

水上パスの乗り場が新しくなっていました。観光客の長蛇の列が見えます。

Dsc04585

これは浅草寺を突き抜けた浅草ビューホテル側から見た新仲見世です。こうしてみると、スカイツリーの大きさを改めて実感します。

Dsc04589

仲見世からの眺めです。松屋寄りの商店街のアーケードが一新され、今月から第二期工事に入りました。

Dsc04575

天井がすっきりしました。

Dsc04596

ちょっと見ないうちに変わる浅草。散歩の行き先としては、お勧めの地区です。

アチアチアチチ

14日は東京湾大華火祭でした。整理券を手に入れて、晴海の主会場へ。もちろん、押上から歩きました。8.8㌔の道のりです。午後一時に出発しました。

Dsc04231

午後三時過ぎに到着し、四時半まで会場外で待ち、ようやく会場に入りました。すごい人ごみです。花火は七時に始まりますが、始まる前に、クーラーボックスに入れて持っていったオリオンビールが次々と空になりました。いやー暑かった。

Dsc04367

花火は最高でした。左下に見えるのはベイブリッジです。

Dsc04538

先週の江戸川の花火に比べて、パワーが違います。

Dsc04547

連発に見とれてしまいます。

Dsc04495

目の前に降ってくる感じです。

Dsc04403

低い花火の連発もいいものです。

Dsc04447

本当に空から降ってきました。

Dsc04549

風の影響で、花火のカスがパラパラと降ってきたのです。火の粉も飛んできました。本当にアチアチアチチな花火大会でした。感動のフィナーレは動画でどうぞ。

2010年8月13日 (金)

懐かしい車たち

池袋のサンシャインシティー近くに「アムラックス東京」があります。

Dsc04170

トヨタ自動車の五層からなるショールームです。実は開業二十周年だそうですが、まったくこの存在を知りませんでした。

Dsc04174

懐かしい車がずらり。これはトヨタパブリカデラックス(1963年式)です。

Dsc04173

これはホンダN360(1969年式)です。ライバルメーカーの車も展示しています。

Dsc04177

このクラッシックカーはダットサン フェートン11型。1932年式で、さすがに生まれていないので、懐かしさはありません。

Dsc04179

こちらはフライングフェザー。1955年式ということですが、まったく記憶にはありません。

Dsc04192

こども店長の記念撮影コーナーもありました。

ところで、ここを訪れた時に目立ったのは中国人客。説明書きはすべて日本語で、パンフレットも日本語と英語しかありません。ここで車を買うわけでもないでしょうに、訪れて楽しいのでしょうか。それでも日本車の質感を確かめ、写真を撮る人が目立ちました。恐るべし中華パワー。

2010年8月12日 (木)

本日のスカイツリー

逆さスカイツリーで有名な十間橋。本日朝は風がやや強く、逆さツリーが揺れていました。

Dsc04158

ミラーに映ったスカイツリーです。

Dsc04160

押上駅近くでは午前八時半すぎというのに、見学者がけっこういました。

Dsc04168

ただいま408mです。夕方の帰宅途中にも寄ってみました。

Dsc04203

この日は台風4号のせいか、夕方も風が強かったです。

Dsc04201

十間橋前の交差点からの眺めです。実は隠れた撮影ポイントなのです。それにしても、スカイツリーの存在感は圧倒的で、シャッターを切らずにはいられません。不思議な建物です。

2010年8月11日 (水)

EV元年

今年、大注目のEV。エレクトロニック・ビヒークル=電気自動車のことです。

Dsc03838

これは日産のコンセプトカー「NUVU」。コンセプトカーとは量産は現段階でしないが、こんな未来の車を考えているとの意味です。

Dsc03849

2008年のパリのモーターショーで発表されました。銀座の日産ショールームで実物が見れます。3人乗りなんですね。

Dsc03841

そして、こちらは日産が今年12月に発売する「リーフ」です。EVは電池代が高いため、車両価格が高止まりしている、充電に時間がかかる(100ボルトなら14時間程度)、航続距離が短いといった課題はありますが、エコ意識が高まる中、新たな大きな市場を生み出すでしょう。ちなみに電気自動車は、1947年に日産の前身の会社が「たま電気自動車」を開発するなど、過去何回もトライアルがありました。今回こそ、本物の波になりそうです。

2010年8月10日 (火)

トリトリトリ

押上地区から歩いて約30分のところにある旧中川。面白い光景を見ました。

Dsc04099

川の杭に鳥がずらりと並んでいます。

Dsc04104

川の中の標識の上でくつろぐカモメもいました。

Dsc04113

引いてみると、こんな感じです。トリトリトリです。この近くにあるホームセンターに買い物に行った後、再びここを通ると、鳥はいませんでした。「鳥の集会」。貴重なシーンです。いいものを見ました。

2010年8月 9日 (月)

中華アキバ

久しぶりに秋葉原を訪れました。

Dsc04137

ヨドバシカメラの秋葉原店はとにかく広い。アニメのフィギュアなどアキバらしい商品も販売しています。

Dsc04142

民主党政権になっても、この町はオタクの麻生元首相を支持しているようです。

それにしても、外国人の姿が目立ちます。

Dsc04144

中にはこんな看板も。ここは日本でしょうか。

Dsc04145

裏を見ると、和訳が……。

Dsc04149_3 

ビルも日本とは思えません。

それでも、メイド姿の女の子の「ご主人様、寄っていってください」との客引きの声は相変わらず、あちらこちらで聞こえました。

Dsc04147_1

おでん缶など変り種缶詰の自販機も健在です。スープパスタ缶のほか、タンタン麺缶もあります。あれれ、ここでも「中華アキバ」が静かに進んでいるのでしょうか。メイドが中国語で呼びかける日も遠くないかもしれません。

2010年8月 8日 (日)

厄除け赤とうがらし

近所の香取神社で今日、お祭りがありました。

Dsc03859

香取神社の公式ホームページによると、

歴代の天皇をはじめ源頼朝、徳川家康などの武将達、また剣豪塚原卜伝、千葉周作をはじめとする多くの武道家達の篤い崇敬を受け、武道修行の人々は香取大神を祖神と崇めていた。
このような由来から、亀戸 香取神社は「スポーツ振興の神」として、スポーツ大会・試合の勝利を願う多くの参拝者が訪れ篤い祈りを奉げている。

とのこと。さっそく現地に行くと

Dsc04129

参道を神輿が練り歩き、

Dsc04124

次々と、香取神社に奉納していました。

Dsc04096

香取神社の本堂の近くでは、赤とうがらしの鉢を売っていました。厄除けの鉢です。一鉢八百円と、浅草寺のほうずきの三分の一の価格でした。浴衣を着ていくと、一鉢五百円だそうです。

どうやら、この企画は亀戸観光協会が2009年に企画したもので、浅草寺のほうずき市などに対抗して、赤とうがらしにしたそうです。地域の商店街振興の意味合いが強い企画なのです。

 そういえば、冒頭の写真の文面をよく見ると、神輿や祭りには触れられていません。祭りと赤とうがらし市は別物なのです。でも、まあ、下町らしいイベントで、いいのではないでしょうか。

2010年8月 7日 (土)

江戸川区花火大会

暑い中、押上から江戸川区の花火大会の会場まで約10㌔歩きました。

Dsc03913_1

午後二時半発で着いたのは午後五時。川岸にとった場所からは、きれいな夕焼けが見えました。

Dsc03920

午後七時十五分開始です。

Dsc03926

先週の隅田川に比べて、なぜか花火が低いのです。

Dsc03935

それでもきれいな花火が1万四千発あがりました。

Dsc04041

青色の花火はなぜか江戸川に映えます。

Dsc04078

それにしても、すごい人手でした。八時二十分すぎに終わり、帰りは電車を使いました。帰宅したのは九時四十分でした。振り返ってみて、結構よかったのはオープニングです。

動画で見るのにぴったりな内容です。やはり、夏は花火ですね。

2010年8月 6日 (金)

テレビ通販会社のリアルセール

犬も歩けば棒に当たる。パグも歩けばセールに当たる、です。

Dsc03854

住友商事系のテレビ通販会社「ショップチャンネル」が、東京・丸の内でセールを開いていました。テレビやネットで通販している会社でも、こういうリアルのセールで実際の客の手ごたえを感じたいのでしょうか。それとも、在庫処分の場に使っているだけなのでしょうか。

Dsc03856

好奇心にかられて、受付に行き、「招待券がないとだめですか」とたずねました。

すると、名前と住所を書けば無料で入れるとのこと。実際に会場に足を踏み入れると、おばさんばかりいました。女性ものばかりで、アラフィフ親父は会場内で浮いてました。

Dsc03857

手前はレジです。奥の売り場は結構混んでました。こうやって二階の一般人が行き交う通路からもセールはまる見えです。在庫処分効果だけでなく、PR効果も期待できそうですね。もっとも、この東京国際フォーラムの賃料は、結構高いと聞きましたが……。

2010年8月 5日 (木)

赤坂ビッグバン

赤坂のTBS本社や博報堂本社が入る「赤坂サカス」周辺で、赤坂ビッグバンというイベントをしています。

Dsc03786

手前に見えるのはお化け屋敷です。

Dsc03788

映画「ハナミズキ」にちなんだ木も飾られていました。

Dsc03791

夏休み期間中のイベントですが、フジテレビに比べると、しょぼいです。

イベントの詳細はhttp://sacas.net/season_event/

赤坂を町ぐるみで盛り上げるイベントコンセプトのようですが、歩いてみても、あまり感じませんでした。やれやれ。

2010年8月 4日 (水)

有楽町で相田みつを

東京・有楽町のビックカメラの隣にある東京国際フォーラム。

Dsc03751

公式ホームページによると、

東京国際フォーラムは、個性的なホールを備えた4つのホール棟と、シンボリックなガラス棟から構成されています。
7つのホールをはじめ展示ホールや34の会議室のほか、相田みつを美術館や多彩なショップ&レストランを備えた、東京の中心で文化と情報を国際規模で発信するコンベンション&アートセンターです。

地下一階から見ると、船のような内装です。

Dsc03749

こちらが相田みつを美術館。こちらの公式ホームページには

2003年11月1日、東京・銀座から東京国際フォーラム地下1階へ移転いたしました。「人生の2時間を過ごす場所」をコンセプトとして、作品に触れるだけでなく、じっくり心で味わう、美術館となっております。

とのことです。ちなみに大人の入場料は一人800円。どうも、この美術館はシニア向けとの印象が強く、まだまだ若いと根拠のない自信に満ち溢れている私は、入ったことがありません。

2010年8月 3日 (火)

三菱一号館広場

東京・丸の内に三菱地所が再開発した丸の内パークビルディングがあります。この高層ビルと、赤レンガの三菱一号館美術館、アネックス(別館)に囲まれたのが三菱一号館広場です。新たな丸の内のランドマークですね。

Dsc03756

この中の商業施設は「丸の内ブリックスクエア」と呼ばれています。

Dsc03761

レンガ造りが独特の雰囲気をかもし出しています。

大手町から地下道を通って行けます。東銀座からも地下道だけでたどり着けます。

Dsc03762

反対側から見ると、こんな感じです。さすがに暑いので外のベンチに人影はありません。ここで、すごいカップルを見ました。上の写真の中央部分を拡大すると

Dsc03762_1

ピンクの服の女性がいます。白のミニスカートをはいていました。柱の陰にだんなさんらしい人がいて、いちゃいちゃしています。

暑苦しいなと思いつつ、正面に回ると、びっくりしました。二人とも65歳は超えているシルバーカップルだったのです。ミニスカートですよ。ミニスカート。びっくりして、足早に立ち去った私でした。さすが、三菱グループの美術館。すごいものを見せてくれます。

2010年8月 2日 (月)

残念な人になりたくないものです

仕事絡みで読んだ書籍で面白い本を見つけました。

Dsc03730

「頭は悪くない、でも仕事ができない」と帯にあります。ホワイトカラーにとって、結構刺激的な題名です。「華麗な経歴なのに軽く扱われる、丁寧にやっても結果が出ない」人の共通項とは、とか、「残念な人」にならないための思考法が、実例を交えて読みやすく書かれています。

要するに仕事の段取りがしっかりできない人は、仕事に対する時間効率の悪い「残念な人」になるとの趣旨ですが、豊富なエピソードを交えて、あっという間に読めてしまいます。特に、帯に書かれている象の「塗り絵」方は、もっともわかりやすい「脱・残念な人」への処方箋でしょう。

日経の新書としては、20万部突破(帯に18万部とありますがすでに突破しました)というのは久々の大ヒットだと思います。「残念な人の思考法」という題名の勝利ですね。華麗な経歴でもなく頭も悪い「残念な私」にとっても、勉強になる一冊でした。

うーん。散歩とこの本は関係なさすぎですね。やっぱり、私は「残念な人」です。

2010年8月 1日 (日)

おしなりくんに遭遇

今日、JR錦糸町駅の近くにある錦糸公園で、盆踊り大会がありました。

Dsc03720

奥に見えるのが、墨田区の新しい体育館です。

Dsc03716

この日、錦糸町駅からきれいな夕焼けが見えました。

盆踊りの歌が響く中、錦糸公園を歩いていると、スカイツリー関連のキャラクターに出会いました。

Dsc03726

おしなりくんです。

「おしなりくん大好きクラブ」ホームページによると、

墨田区に建設中の東京スカイツリー周辺の5商店会(押上・業平橋地区活性化協議会)で、商店会活性化に向けイメージキャラクターを公募しました。  テーマは、押上の「おし」と業平橋の「なり」からとった「おしなりくん」。

 563の作品が全国から寄せられた結果、地元の業平橋の名前の由来になった平安の歌人 在原業平 をモチーフに、タワーをイメージした烏帽子姿のイメージキャラクターに決定しました。

とのことです。生おしなりくんを見たのは初めてです。写真撮影を求める子供連れが殺到していました。果たしてかわいいんですかね。この姿……。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »