フォト
flash boreal kiss
ブログパーツ
dekiru足あと

にほんブログ村

  • にほんプログ村

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

唐戸港でふぐ食べました

関門トンネルから下関の唐戸港まで歩きました。

1_2

市場です。この中には

2_2

ふぐのオブジェがありました。

9

飲食店や物販店の集積する「カモンワーフ」を通り越すと

3_4

水族館「海響館」があります。

4_2

アシカとイルカショーをやっていましたが、はっきりいってスベり気味で笑えませんでした。

5_3    

ペンギンの水槽内をくぐるトンネルです。とはいえ、距離が短すぎて、もうひとつ楽しめませんでした。

6_2

フンボルトペンギンはなかなか可愛いのですが。この水族館に辛口評なのは、入場料が一人2000円と高いためです。ペンギンとイルカショーがメインで2000円は高すぎる。沖縄の海洋博公園ではイルカショーはタダで楽しめます。

8

水族館を後にして、早めの夕食をカモンワーフでいただきました。

7_2

実はこの日、胃腸の調子が悪く、軽めのメニューにしました。とらふぐの刺身付き定食で一人前2200円。海響館の入場料と比べると、ずいぶんお得でしたよ。

2012年2月28日 (火)

関門海峡を渡りました

博多から門司港に移動し、関門海峡を渡りました。

1

関門海峡大橋です。

2

ひっきりなしに大型船が通っていきます。

3

大橋を渡ったわけではなく、目指したのは関門トンネル。ここは人道入口です。エレベーターをおりていくと、歩行者・自転車用のトンネルに着きます。徒歩なら無料です。

4

中はこんな感じです。全長780m、海面下約58mの海底トンネルです。

Photo

ここが県境です。

6

下関側を上ると、壇ノ浦合戦のモニュメントがありました。この後、ふぐで有名な唐戸市場に徒歩で向かいます。その時の話はまた後日。

2012年2月27日 (月)

博多の水炊きはうまかった

博多出張で仕事が終わった後、久しぶりに水炊きが食べたくなりました。そこで有名な「華味鳥」の天神店を訪れたところ、「10時まで満席」とのこと。そこで、当てもなくさまよい、入ったのが、大名にあるこの店です。

1

「とりのてつ」です。入った時は客がわずかで、失敗したかと思いましたが、そのうち満席になり、一安心しました。

2

肝心の水炊きは、美味しかった。華味鳥と同じような味で、一人前1580円でした。食べ方もイラストで分かりやすく教えてくれます。後からネットで調べたところ、福岡県内に4店を展開するほか、東京・六本木にも進出していました。トホホ。

3

博多といえば、屋台ですが、この時期は寒いので、ついつい敬遠してしまいます。

5

翌日訪れた新しい博多駅ビルで、いいものを見つけました。

4

福岡を代表するイチゴ「あまおう」のイベント。大粒のあまおう2パック1100円で購入し、食べたところ、すばらしく美味しかった。地元のスーバーでも1パック980円で売っていた上物です。いやー、イチゴって、本当にいいですね。

2012年2月19日 (日)

亀戸天神の梅はまだまだ

亀戸天神の梅を見に行きました。

1

晴天で、青空にスカイツリーがくっきり。

2

梅はというと…

3

八分咲きのように見えますが、実は二分咲きくらいでした。

4

この日は、江戸切子の販売などイベントがあったのですが、梅の方は寒波続きでイマイチでした。

5

このポスターのように花盛りになるのはいつのことでしょうか。

2012年2月18日 (土)

イチゴ狩りバスツアーに行きました

昨年に引き続き、イチゴ狩りバスツアーに参加しました。

1

この日は前日の雪で、バスが遅れに遅れました。30分待たされて出発。

2

アクアラインからは富士山が見えました。

3

さて、お目当てのイチゴ狩りのハウスに到着。

4

ここのイチゴは甘かった。5種類のイチゴが楽しめます。

5

30分食べ放題で、十二分に堪能しました。

6

土産用のイチゴもゲット。千葉県一宮町の「近藤いちご園」の満足度は高かったです。

7

次は洋食バイキング。「ブルーベリー勝浦」のバイキングは前回もいただきました。このプランは夫婦2人でゆっくりと食事を楽しめるので気に入っています。実はバスツアーの昼食は、やたら狭い飲食スペースに押し込んで、うまくもない食事を出すケースが多いんです。

8

その後は、千倉で花摘み。5本までは無料です。

9

南房総の花畑は見応えがあります。

10

バスの車窓からきれいな夕日が見えました。このツアーだけは、毎年行くことになりそうです。

2012年2月14日 (火)

ついに放射線測定器買いました

ついに買ってしまいました。放射線測定器「TERRA P+ ECOTEST」

1

ネットで評判のいい機種です。

5

製造はチェルノブイリ原発のあるウクライナです。

2

これが本体。小さくて携帯電話並みの大きさです。震災からもうすぐ1年ですが、自分の目で放射線量を確かめたくて購入しました。

6

専用ケースに入れるとこんな感じです。下に見えるのはベルトクリップです。

4

シリアルナンバーが本体についていて、保証書にも手書きでシリアルナンバーが記されています。

3

測定は右上のボタンを押すだけ。簡単です。アマゾンで購入しました。簡単な日本語マニュアルがついて3万4800円。高価なおもちゃになりそうです。散歩の時には連れて行くつもりです。

2012年2月12日 (日)

押上にボートハウスショップ

アラフィフ(アラウンド50、50歳前後)の人には懐かしいブランド「ボートハウス」。

1

その店のひとつが押上にあります。ボートハウスといえば、青山のイメージが強いのですが、実はこの店の運営会社「ジョイマーク・デザイン」は墨田区発祥なのです。

2

ボートハウスは1980年代に大流行したブランドで、青のトレーナーには憧れました。貧乏学生だった私にとっては、高嶺の花でした。

3

店にはこんなおしゃれな看板が掲げられています。

4

これが、あこがれのブルーのトレーナーの胸のデザイン。今さら、着れないだろうな。若すぎて。

2012年2月 5日 (日)

くら寿司の「鮮度くん」

くら寿司の「鮮度くん」ってご存知ですか。

1

回転寿司の皿の上にかぶせるフタのことです。これなら、他人のつばなどが気になりませんね。

2

しかし、なぜか、注文した商品にフタはありません。残念です。

3

こんな説明書きがテーブルに飾ってあるだけに、「注文品は別なの?」とつい思ってしまい、残念です。

4

さらに残念なのは、これ。真ん中に写っているのは揚げ物です。レーン上にこぼれているのです。きっと、回転寿司業界では、やってはいけないことなのでしょうが、「鮮度くん」の陰になって見えにくくなっているのでしょう。

5

せっかくいい試みなのに、本当に残念です。直していただきたいものです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »