フォト
flash boreal kiss
ブログパーツ
dekiru足あと

にほんブログ村

  • にほんプログ村

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

グランフロント大阪に行きました

仕事帰りに梅田駅北側の新スポット「グランフロント大阪」に行きました。
1
こちらは産官学の知の交流施設「ナレッジ・キャピタル」のある北棟です。「ラボ」の名のついた企業のショールームが数多くあります。様々な体験イベントがあり、単なる商業施設とは一線を画しています。
2
水曜日は休みのラボが多かったですね。面白い試みですが、リピーターがつくのかが課題で、体験プログラムの絶え間ない更新が欠かせません。ただ、どうやら、おつきあいで施設を出した企業も少なくないようです。中には、あまり「研究熱」を感じない施設もありました。
3
これは裸眼で立体的に見える装置です。迫力がありましたねぇ。
4
北館はこんな感じでしたが、店の多い南館は平日にもかかわらず混んでいました。
5
このほか、マンションや劇場、インターコンチネンタルホテル、オフィス棟もあり、梅田の新ランドマークとなっています。ただ、混んでいる南館のテナントをよく見ると、平凡なよくある「銘柄」ばかり。北館の試みは面白いですが、集客力をいつまで持ち続けられることやら…。

2013年7月28日 (日)

久しぶりに哲学の道を歩きました

久しぶりに哲学の道を歩きました。
1
散歩道としては最高ですね。落ち着きます。
2
季節外れのアジサイ発見。
3
そして、銀閣寺へ。東山散歩はいつ行っても癒されますね。
4
こうして見ると、美しい景色ですが…。
5
近くに寄って見ると、結構傷んでますねぇ。四条烏丸からここまで約6キロ。炎天下を歩きましたよ。やはり、京都の夏は暑いっす。

2013年7月27日 (土)

くろ谷さんに行きました

くろ谷金戒光明寺に行きました。
1
法然上人がはじめて草庵を営まれた地です。15歳で比叡山に登られた上人が1175年、43歳の時お念仏の教えを広めるために、山頂の石の上でお念仏をされた時、紫雲全山にみなぎり光明があたりを照らしたことから この地に草庵をむすばれました。これが浄土宗最初の寺院となりました。
2
極楽橋・蓮池です。ここは能の「敦盛」でも有名な熊谷直実と縁の深いお寺です。幼い敦盛を討ち果たして傷心の直実が、法然上人と会って出家を決意。兜をかけたとされる松などが残っています。
3
奥に見えるのが三重塔です。ここには、徳川家の二代将軍秀忠の正室、お江の墓もあります。
4
さらに、会津藩、松平容保が京都守護職に就いた際の本陣となったことでも有名です。
5
そもそも、京都に不穏な動きがあった際、この寺と知恩院が軍事基地の役割を担えるように、徳川幕府が整備していたとのことです。
6
中庭です。金戒は「こんかい」と読みます。地元の京都では「くろ谷さん」で親しまれています。春と秋はさぞかし、綺麗でしょうね。また、訪れたいと思います。

2013年7月22日 (月)

土用の丑の日に鰻を食べました

土用の丑の日に鰻を食べました。
1_2
お店は岩倉の「松野鰻寮」です。
2
ちょっと入りにくい店です。
3
前菜です。
4
鰻のゆびきです。梅肉醤油でいただきます。
5
そしてメインの鰻丼です。みそ汁に鰻の肝が入っていました。美味でした。大先輩におごっていただいたので、いくらかは知りませんが、いい味でした。

2013年7月21日 (日)

京都水族館はやっぱり楽しい

久々に京都水族館に行きました。
1
いきなり、イルカショーを見ましたよ。飛び具合がいい感じでしょ。
2
お目当てはやはり、ケープペンギン。暑いせいか、多くのペンギンが水槽に入っていました。
3
餌やりのシーンです。我先にと群がっていました。ペンギンの目の色が違います。
4
チビちゃんです。カメラ目線をいただきました。
5
足がそろっているところが、何とも可愛い。
6
餌やりの時に、お兄さんの後ろで待つチビたち。思いっきりおねだり目線です。いやー、やはり、京都水族館は楽しいですねぇ。夏の暑い時はなおさらです。

2013年7月20日 (土)

祇園祭2013 山鉾巡行

17日、生まれて初めて山鉾巡行を見ました。

南観音山が新町通を通りました。間近で見ると迫力があります。
1_2
こちらは、御池通をいく長刀鉾です。御池通の指定席からたっぷり見ました。

カマキリが動く様子がいいですね。

放下鉾です。暑かったけど、とても楽しかったぁ。でも、来年は御池通で見なくてもいいかな、なんて思っています。

2013年7月16日 (火)

祇園祭宵山

祇園祭宵山です。
1
四条通は歩行者天国でした。
2
夜空に提灯の光が映えます。
3
山鉾巡行を明日に控え、綺麗ですねぇ。
4
美しい鉾です。
0
近所でなぜか、なめこグッズを売っていました。
6
放下鉾です。いやー、相変わらず、すごい人でした。

2013年7月14日 (日)

三井アウトレットパーク滋賀竜王に行きました

四条大宮から出ているヤサカの直行バスに乗って、三井アウトレットパーク滋賀竜王に行きました。
1
11日にこの北モールが新たにオープンしました。そのせいか、大勢の買い物客が押し寄せていました。
2
四条大宮からは直行バスで1時間強で着く予定でしたが、事故渋滞で2時間かかりました。それでも買い物時間は当初予定通り5時間でした。
3
アウトレットとしては御殿場よりも狭く、まあ、三井らしいモールでした。北モールにはティファールなどが新たに入居していました。
4
これは、臨時駐車場まで無料で送るバスの行列です。こんな列があちらこちらにできていました。 往復2200円のバスを利用して正解でした。ちなみに、次回は無料で送迎してくれる乗車券ももらいましたよ。
5_2
すさまじく混んでいて、ひどかったのは昼食。フードコートは席の確保が難しく、個店は長蛇の列です。回転寿しで午後1時に整理券を取得しましたが、いつ入れるのか全くめどが立たず、とりあえず、コンビニのおにぎりで飢えをしのぎました。そのコンビニも長蛇の列。試しに午後4時に回転寿司に整理券を持っていったら、すんなり入れましたが…。お弁当を持っていった方がいいですね。この日は6割引きの夏物ジャケット、フライパン、鍋、嫁の財布などを購入、個人消費の喚起に協力させていただきましたよー。

2013年7月11日 (木)

月鉾が立ちました

祇園祭の山鉾巡行を控え、今日も鉾建てがありました。
1
月鉾です。右に倒れている形ですね。これをクレーンで立たせます。
2
こちらは同じく四条沿いにある函谷鉾(かんこぼこ)です。
3
こちらは底ですね。
4
夕方通ると、月鉾が立っていました。パチパチ。
5
鉾がずらりと並ぶ新町通も通行禁止になりました。
6
新町通沿いのはんこ屋さんの前には、はや鉾のミニチュアを販売していました。祇園祭ムードが日々、高まっています。

2013年7月10日 (水)

鉾建てが始まりました

祇園祭の山鉾巡行を17日に控え、山鉾を組み立てる鉾建てが始まりました。
1
四条通沿いの月鉾です。
2
午前中から、うだるような暑さの中、組み立て作業が行われていました。
3
こちらは別の鉾です。夜も見ましたが、このままの姿でした。あれっ?

2013年7月 8日 (月)

京都でおいしいかき氷発見

かき氷好きな夫婦です。東京では追分だんごのかき氷が好物ですが、京都ではさらにいい店を発見しました。
1
大極殿六角店の甘味処「栖園(せいえん)」です。
2_3
入り口のメニューです。
3_4
店内です。お菓子の鮎など美味しそうな和菓子がずらりと並んでいました。
4
頼んだのは「宇治みぞれ」(630円)。宇治金時でも780円。ちなみに新宿の追分だんごの宇治金時は1000円を超します。うれしいのは右に見える追加シロップです。
5
中はこんな感じです。氷のふわふわ感、上品なシロップの味、巧みなシロップ配置、そして追加シロップ。これで630円は安い。かなりおすすめです。

ゴルフ場で鹿発見

るり渓ゴルフクラブには鹿がいます。私も遭遇しました。
Photo_2
なかなか、可愛かったですよ。
2_2
スマホ写真なので、拡大すると不鮮明ですねぇ。
3_3
撮影できませんでしたが、水浴びしていたり、私に向かって走ってきたり…。どうやら、「下手くそ」と言いにきたようで…。

2013年7月 6日 (土)

貴船の川床料理を満喫しました

京都の奥座敷「貴船」の川床料理に行きました。
9
店は「右源太」という店です。
3
これが川床の入り口です。
1
中はこんな感じです。川の上を吹き抜ける冷たい風が、とても心地よい。
2
素敵なところです。
4
さて、いよいよ料理です。これが前菜です。
5
刺身もうまかった。
6
川床料理に欠かせない鮎。頭からいただけます。
7
頭上にある緑と提灯が涼しさを演出してくれます。
8
このスパークリング清酒もうまかった。実は、貴船行きはクラブツーリズムのツアーです。河原町三条から貴船までの往復を車で送ってくれて1人8900円(飲み物別)。この日の利用は私たち夫婦2人だけでした。この店の川床料理の通常料金は1人10867円から。クラブツーリズムの料理とは、最後のデザートにメロンがつかないくらいで、ほぼ同じです。そう、お得なのです。ただし、鮎まではよかったが、その後の、素麺は量が多すぎ、鯛の南蛮漬けは平板な味でコース後半に満足度がしぼんでいきましたが…。全体でちょっと多めかな、という印象です。とはいえ、クラブツーリズムの昼食について文句を言い続けてきた私ですが、このツアーはおすすめですね。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »