フォト
flash boreal kiss
ブログパーツ
dekiru足あと

にほんブログ村

  • にほんプログ村

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

京都産まつたけいただきました。じゅるる

お世話になっている人から京都産のまつたけをいただきました。
1
立派です。
2
じゅるる。右下に見えるのは柚子です。土瓶蒸しや焼き松茸用です。
3
とりあえず、松茸ご飯にしました。本当にうまい。ああ、極上の幸せです。

2013年10月26日 (土)

三千院の紅葉はまだ早い

大原の三千院に行ってきました。
1
紅葉にはまだ早いですね。
2
色づいたもみじを発見。
3
こんな紅葉が楽しめるのはあと2週間後でしょうか。
4
ここの「わらべ地蔵」はなんだか惹き付けられます。
5
紅葉には早かったのですが、ここの青いコケはいい味だしています。
6
ちょっと足を伸ばして「音無の滝」へ。三千院、とても気に入りました。紅葉を狙ってまた訪れるぞー。

2013年10月22日 (火)

時代祭って…ん?

生まれて初めて時代祭を見ました。
1
御所から烏丸通、御池通、三条大橋を経て平安神宮までパレードします。
2
なかなか趣がありますね。
3
右は山田啓二京都府知事、左は門川大作市長です。
4
馬もたくさんいましたねぇ。
5
こうして見ると勇ましいように見えますが、なんだか、仮装行列のようで…。
6
烏丸御池の交差点です。
7
それでも、沿道は観客でいっぱいでした。
8
2時間にわたって行列は続きました。
9
女子が少なく、音楽がないことも、イマイチ盛り上がらない理由でしょうね。来年はきっと見ないかもしれません。

2013年10月17日 (木)

大覚寺はすばらしい

四条烏丸から大覚寺まで約9キロを歩きました。
1_2
いやー、時代劇ファンにとって大覚寺は聖地ですね。ここのほこらは鬼平犯科帳や剣客商売で見覚えがあります。
2
電柱が見えないことが時代劇のロケ地に選ばれる一因でしょう。
3
長い廊下も味があります。
4
いろんな表情をみせる寺です。
5
歩いているだけで楽しいっす。
6
大沢池です。風情がありますねぇ。時代劇ドラマが見たくなってきました。

2013年10月14日 (月)

西陣きものショーにうっとり

西陣織会館では1日7回、きものショーを開いています。
1
綺麗ですねぇ。
3
若さが映える柄ですね。
4
外国人に特にウケるようです。
6
上品です。
7
これもいい感じです。
8
色鮮やかな振り袖ですね。
85
帯も華やかです。
9
15分間に7人のモデルさん。西陣で見るからこそ、味わい深いんです。

2013年10月13日 (日)

伏見桃山城に行きました

伊藤忠グループの社販の帰り、伏見桃山城に行きました。
2_2
近鉄の遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」の目玉施設として1964年3月に完成した鉄筋コンクリート製の城です。洛中洛外図を参考に建築され、総工費は当時のお金で6億円。1_2
しかし、2003年に遊園地が閉鎖。京都市に無償譲渡されましたが、耐震性がなく、内部は立ち入り禁止になっています。市もお金がないため、有効活用策が見いだせていません。
3_3
それにしても立派ですよね。映画のロケにも使われるのもうなづけます。
4_2
大天守閣の高さは約50mで、名古屋城並みです。
5_2
三層五重の小天守閣の高さは約30mです。
6_3
立派な城ですが、周囲は雑草が目立ちました。もったいないですね。耐震工事の費用もままならないのだとか。
0
そういえば、途中で馬を見かけました。明日のお祭りに登場するのでしょうか。

文珠荘はちょっと惜しかった

天橋立に行きました。
1
上から見ると、壮観ですね。
2
傘松公園まではケーブルカーで登りました。
21_2
傘松公園のゆるキャラ「かさぼう」です。んー。
3_2
天橋立を歩いて渡りましたが、フツーの松林を散歩しているみたいでしたねぇ。
4
宿は文珠荘。
5
なかなか広い部屋でしたが、カビ臭い部屋のにおいが気になりました。フロントに言ったら、空気清浄機を置いてくれましたが、これでは消臭にはなりませんねぇ。
6
「舞の棟」の部屋からの眺めは最高でした。天橋立運河が目の前で、船がよく通ります。
7
夕食はシニア向け「少量美食コース」。量も適量で、美味しかった。宮津のイベント「和火」まで往復無料バスを出してくれたり、ボリュームのある朝食を出してくれたり…。宿泊料は1人1泊1万7000円で、満足度は高かったです。それだけに部屋の臭いが惜しかった。
8
翌日は再び、リフトに乗って天橋立を見に行きました。
9
天橋立ビューランドから見た風景の方が綺麗ですね。
10
リフトはなかなか面白かったですよ。それにしても、おなかいっぱい「天橋立いただきました」。

2013年10月12日 (土)

和火(やわらび)2013に行きました

京都府宮津市で11日からライトアップイベント「和火(やわらび)2013」が始まりました。
1
寺の階段の真ん中をライトアップ。幻想的です。
2
実はペットボトルを半分に切り、重しの砂を入れて、キャンドルに火を灯したもの。地元の人によると、京都市の東山や嵐山のライトアップにヒントを得て、地元の若者が集まって数年前から始まったイベントとか。
3
和火と書いて「やわらび」と読みます。ペットポトルのエコな感じが、イベントの手作り感を高めています。
4
寺を開放してジャズを演奏したり、公園に模擬店が出たり…。初めはたいしたことないイベントだろうと思っていましたが、なかなか、味のあるイベントです。参加者は地元の人が多かった感じですが、これはもったいない。
6
フツーの街並みがペットポトルの灯火で彩られる。この町をあげての歓迎ムードが観光客を引きつけるはずです。小一時間で堪能できるイベントですが、天橋立に行ったら是非訪れたいイベントです。

2013年10月 5日 (土)

バスツアー「四国4県ご当地グルメ食べ放題」に行きました

クラブツーリズムの日帰りバスツアー「四国4県ご当地グルメ食べ放題」に行きました。
1
京都の四条大宮7時15分、京都八条口7時半発で、明石大橋を渡りました。
2
淡路島に渡ると、謎の鉄塔が…。ラジオ関西の送信所です。
3
昼食は吉野川ハイウェイオアシスのレストラン。触れ込みは、徳島の「すだちすき焼き」高知の「カツオのたたき」香川の「讃岐うどん」愛媛の「鯛飯」でしたが、まともに食べることができたのは、このすき焼きだけ。ただし、お代わりの肉は脂身ばかり…。
4
左が鯛飯、右がカツオのたたきでしたが、スーパーのお惣菜並みの味でした。
5
一階はお土産屋さん。ツアー料金は8980円でしたが、昼食はもう少し払ってもいいので、まともなものを食べさせてほしかった。はっきり言って残念な昼食でした。
6
食事の後は吉野川の川下りです。
7
大歩危峡で峡谷クルーズです。乗り場にかわいらしい鴨が…。
8
暴れ三郎の異名を持つ吉野川を下ります。
9
意外にも迫力があり、楽しめました。
10
両岸の景色がワイルドでした。
11
その後は祖谷峡のかずら橋へ。
12
団体割引で450円払って橋を渡りました。あいにくの雨で足元が滑り、歩きにくかったです。
13
なかなか壮観でした。
14
帰りの淡路のサービスエリアにあった観覧車です。ツアー全体では立ち寄るところが少なく、昼食はイマイチで、個人的にはおすすめできないツアーでした。クラブツーリズムってなぜ、もう少しリッチな旅をつくってくれないのでしょうか。

2013年10月 3日 (木)

CEATEC2013に行ってきました

千葉・幕張で開かれたCEATEC JAPAN2013に行ってきました。家電の見本市ですね。
00
今年の家電メーカーは4Kテレビのオンパレード。NHKは8Kを押しており、4Kなんて過渡期のテレビに過ぎないのに、 テレビの単価を少しでも上げたいメーカーは懸命です。3Dテレビ同様に、失敗必至の規格です。
01_2
そんな中で、私が注目したのは乗り物です。こちらは村田製作所のムラタセイサクくんです。今年はいつになく控えめです。
02
これは映画パックトゥザフューチャーに出てきたタイムマシンのデロリアン号。昔、市販されていたそうで、それを電気自動車にしました。
03
後ろ姿を見て、思い出す人も多いことでしょう。
04
こちらはトヨタのiROAD。バイクと軽自動車の中間の乗り物です。初お目見えでしたが、是非乗りたい。
05
会場には綺麗なお姉さんがたくさんいましたが、エキゾチック賞は東芝のこの人でしょう。それにしても、展示会全体では小ぶりで、パンチ不足でした。昨年の展示の延長戦のものが多く、期待のドコモも元気がありませんでした。シーテックがんばれ。

2013年10月 2日 (水)

2014ミス日本酒が決まりました

第1回のミス日本酒最終選考会に行ってきました。
5
綺麗なお姉さんがいっぱいいました。
6
京都らしく着物で登場。
3
印象的だったのは同志社大学3年生の塩田愛実さん(21)。子役としてテレビに出たことがあるそうで、目に力がありました。アナウンサーになるのが夢とか。
4
数年後に、女性アナウンサーになっているかもしれません。このコンテストでは3位でした。
2
ミス日本酒に輝いたのは、森田真衣さん(26)。埼玉県出身で身長は168センチです。
1
今後は海外での日本酒PRなど各種イベントに参加するそうです。副賞として日本酒1年分が贈られるとのアナウンスに会場から笑いも…。着物もドレスも似合うミス日本酒らしい人ですね。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »